MENU
SELECT PHARMACY

【素材・成分情報】アボカド(AVOCADO)

【素材・成分情報】アボカド(AVOCADO)

成分名

成分名:アボカド(AVOCADO)

 

別名:Ahuacate、Alligator Pear、Laurus persea、Persea americane、Persea gratissima

概要

アボカドは、カリウムとビタミンDを多く含んだ実をつける樹木です。

アボカドはバナナと比べると60%以上多くのカリウムを含んでいる果実で、ほかの果実よりも脂肪含有量が多いですが、一価不飽和脂肪酸なので、適量を摂取するには健康に良いとされています。

 

一価不飽和脂肪酸を豊富に含む食品は、血中総コレステロール値を低下させ、高比重リポタンパクコレステロールの低比重リポタンパクコレストレールに対する割合を高めます。

※リポタンパク質とは、血液中において水に不溶な脂質を、吸収部位や合成部位から使用部位へ運搬するための複合体粒子です。

 

他にも変形性関節症の治療や創傷、感染症、関節の治療などにも用いられています。

 

 

有効性・効果効能

アボカド(AVOCADO)の体内での主な働き

 

アボカド(AVOCADO)に含まれる豊富な食物繊維はコレステロール値を減少させる働きに寛容しているようです。
アボカドにはこのほか、変形性関節症により損傷した関節の軟骨を修正する可能性のある化学物質が含まれています。

 

・高コレステロール血症。

有効レベル:★★★☆☆☆  (※効くとは断言できませんが、効果の可能性が科学的に示唆されています。)


アボカド(AVOCADO)は、食事におけるアボカド摂取量を増やすことで、低比重リポタンパクコレステロール値が低下し、高比重リポタンパクコレステロール値が上昇するようです。

 

・変形性関節症。

有効レベル:★★★☆☆☆  (※効くとは断言できませんが、効果の可能性が科学的に示唆されています。)


アボカド(AVOCADO)は、腰または膝の変形関節症の場合、アボカド油と大豆油から作られる特定の不けん化学エキスを数ヶ月間にわたり経口摂取すると、疼痛が改善し、全体的に身体的障害が軽減されるようです。しかし、長期にわたり摂取した場合の影響に関してはデータが不十分です。

 

・乾癬と呼ばれる皮膚症状・硬化症・発毛促進・月経誘発・下痢・歯痛など。

有効レベル:☆☆☆ ☆☆☆  (※科学的データがありません。)


アボカド(AVOCADO)は、乾癬と呼ばれる皮膚症状・硬化症・発毛促進・月経誘発・下痢・歯痛などに役に立つと言われていますが、科学的根拠はありません。

 

安全性

食品として通常の量のアボカド果実を摂取する場合は、ほとんどの人に安全のようです。
「くすり」として摂取する場合、経口摂取は最大2年、皮膚への塗布は最大3ヶ月までおそらく安全なようです。

 

 

通常、副作用はほとんどありませんが、ビタミンB12を加えた特定のアボカド油を乾癬治療に使用して軽度のそう痒を引き起こした例が1件報告されています。

脂肪含有量が高いため、高カロリーであるということに留意してください。

 

アレルギー:ラテックスアレルギーの人は、アボカドがアレルギー反応を引き起こすおそれがあります。

妊娠中・授乳中の方の使用

「くすり」としての高用量摂取の安全性についてはデータが不十分です。安全性を考慮し、通常の食品の量の範囲内で摂取してください。

 

薬・サプリメントとの相互作用

【医薬品】ワルファリンカリウム

ワルファリンカリウムは血液凝固を抑制するために用いられます。
アボカドはワルファリンカリウムの効果を弱めることが報告されています。

 

そのため併用する場合は、定期的な血液検査をして場合によってはワルファリンカリウムの用量を変更してください。

 

【ハーブ及び健康食品・サプリメント】

ほかのハーブや健康食品・サプリメントとの相互作用についてはあきらかになっていません。

 

使用量の目安

コレステロール低下

・食事中の他の脂肪摂取量およびカロリー量によって摂取量は変動します。

 

変形性関節症

・アボカドおよび大豆の繊維に付着している油からつくられる特定のエキスを1日300mg摂取します。

 

single