MENU

SELECT PHARMACY

くすりのプロのおすみつき

本当に信頼できる正しい情報と商品を厳選してお伝えし、
健康と向き合える環境を作るお手伝いをしたい。

SELECT PHARMACYについてもっと見る

乳酸菌ってどんな菌?乳酸菌の役割を知って健康に役立てよう

乳酸菌ってどんな菌?乳酸菌の役割を知って健康に役立てよう

乳酸菌と聞いて何を思い浮かべますか?

「ヨーグルトに入っている。」「便秘にいい。」など様々なイメージを持たれていると思いますが、実際は皆さんが思っているより乳酸菌と健康は非常に深い関係にあるのです。
身体に良いというだけではなく、肌をきれいにしてくれたりアレルギーや花粉症も軽減させてくれたりします。
これを機に、乳酸菌について学んで、身体も肌も健康になりましょう!

乳酸菌とは?

乳酸菌とは、名前に乳酸とあるように糖類を分解して乳酸を作る働きを持った菌です。
体内に入った乳酸菌は生きたまま腸に届く乳酸菌と、胃酸などの影響で死んでしまう乳酸菌に分かれ、それぞれ違った働きをもっています。生きたまま腸に届いたものは、腸内に存在している善玉菌が増えるのを助け、悪玉菌を退治する働きもしてくれます。
また、死んだ乳酸菌は、食物繊維と同じような働きをし、悪玉菌を吸着して外へ排出する手伝いをしてくれるのです。両方とも、私達にとって必要な働きをしてくれるのですが、
「生きて届く乳酸菌」とよく聞くように、世間では生きている乳酸菌が強調されたイメージを持っている人が多いです。
ですが、長年の研究結果から、乳酸菌は生死に関わらず、乳酸菌の「粒子」の働きが
腸にある免疫細胞に影響を持ち、健康面で様々な期待ができることが分かってきました。
乳酸菌は、菌体のサイズによって生体への働き方が変わってきます。そしてその粒子は、小さいほうが体内に取り込まれやすい為、より免疫細胞の活性化の手助けに優れています。

[ナノ型乳酸菌]
粒子サイズの小さい乳酸菌の代表的な例には、ナノ型乳酸菌があり、粒子の直径が1ミクロン以下といった特徴があります。1ミクロン未満の菌体はTh1細胞を誘導させるIL-12やIFN-αといったサイトカインであるの産生を増加させる働きが高まります。Th1というのはヘルパーT細胞のうちウイルスや細菌・がん細胞などの有害物を戦う役割を担っており、感染症などに対する生体防御機能を強めることが可能です。逆にTh2細胞は、体液性免疫を活性化させる働きがあり、細胞外のウイルスを排除したり、花粉などの異種タンパク質に対して働きます。また、二つの総量はある程度決まっている為、どちらかが増えると、どちらかが減ってしまいます。
ちなみに、Th2細胞に偏ってしまうことは、アレルギー性疾患になりやすくなるだけでなく、発がん促進や易感染といったことになってしまうため、Th1を優位性に保つことが大切になってきます。また、Th1細胞を強化することで、免疫システムは更に強固なものになっていきます。

参考

3千億個のナノ乳酸菌

乳酸菌と健康効果

腸内には、身体にとって良い働きをする「善玉菌」と悪影響な「悪玉菌」という細菌に分類されます。また、中立的な立場の「日和見菌」という菌もあります。
そして、乳酸菌が、腸内で既に存在している善玉菌の増量を手助けすることで、善玉菌が優勢な腸内環境を保ち、健康面でも良い影響を与えます。
どのような健康効果が期待できるかというと、

⑴腸内環境の整え
乳酸菌が、腸の中で糖分を分解させて乳酸を作り出すことから、腸内環境を整えることが可能です。腸の活動を活発にして便の水分量を調節させます。善玉菌が増量することで悪玉菌が減少する為、
✔肌トラブルの解消
✔便秘解消
などの効果に繋がります。

⑵免疫力の強化
腸管には全体の約6割の免疫細胞が集中していることから、腸内環境が整うと、免疫力のアップにも繋がります。免疫力が上がると
✔インフルエンザ予防
✔アレルギー・花粉症の改善
にもつながります。

[食生活の改善の重要性]
善玉菌を含む食品を多く取ることは、腸内環境を調整するために非常に大切になってきます。ちなみに、乳酸菌が含まれている食品は、乳製品だけではありません。味噌汁や納豆などの日本食にも多く含まれています。また、最大限に乳酸菌を働かせられるように、活動の手助けをしてくれるオリゴ糖や、食物繊維も積極的に取ることを心掛けましょう。

さいごに

先述したように、食べ物から乳酸菌を取ることもできますが、実は乳酸菌には沢山の種類があるのです。よって、ここで大切になってくるのは自分に合ったものを選ぶということです。また、人によって相性も全然違ってくるのです。
例えば、ヨーグルトなどの乳酸菌が入った食品も善玉菌を増やすことができ、それらは腸内環境を改善し、活性化に繋がります。そして、ただ単に「乳酸菌」が含まれているからという理由や、テレビで取り上げられているという理由ではなく、実際に自分と合ったものを探す必要があります。ひとつのものを、2週間ほど試し、相性を調べましょう。肌の調子が良くなったり、上で述べたような効果があった場合には、あなたとの相性が良いと言えるでしょう。