MENU

SELECT PHARMACY

くすりのプロのおすみつき

本当に信頼できる正しい情報と商品を厳選してお伝えし、
健康と向き合える環境を作るお手伝いをしたい。

SELECT PHARMACYについてもっと見る

ヘルパンギーナ、乳幼児は要注意!症状・治療・予防について解説します

ヘルパンギーナ、乳幼児は要注意!症状・治療・予防について解説します

5歳以下が90%!子どもの夏カゼ「ヘルパンギーナ」

ヘルパンギーナという病気をご存知でしょうか?
夏に流行する急性のウイルス性咽頭炎で、「手足口病」「プール熱」と並んで三大夏風邪と呼ばれる感染症の一つです。
患者の90%が5歳以下で、主に乳幼児がかかりやすい病気です。そのため、保育園や幼稚園で流行ることも多く、小さいお子様をお持ちの方は、病名を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

ヘルパンギーナの主な原因となるウイルスは「エンテロウイルス」と呼ばれるウイルス群に属するウイルスです。
その中でも特に「コクサッキーウイルス」というウイルスがヘルパンギーナの主な原因です。
日本では5月頃から増加し始め、6、7月頃にピークを迎え、8月頃に減少していきます。まさに今の時期注意が必要な病気です。

潜伏期間は一般的に3〜5日、長くても一週間と言われています。感染力が非常に強く、潜伏期間でも人にうつしてしまう可能性があります。
また症状が治まった後も2〜3週間ほど感染期間が続くため、注意が必要です。

どんな症状があらわれる?

shoujyou
ヘルパンギーナの症状として、おもに1)突然の発熱、2)喉・口蓋垂の炎症、3)口内炎や口腔内の炎症、があげられます。

1)突然の発熱
2〜4日の潜伏期間後、突然39℃から40℃の熱が出ます。発熱時に熱性けいれんが起きることがありますが、発熱は2〜4日間程度で下がり、予後は良好です。

2)喉・口蓋垂の炎症
発熱に続いて喉が痛くなり、咽頭粘膜が発赤(炎症が起こり、充血して赤くなること)します。

3)口内炎や口腔内の水疱
口腔内に直径1〜2mm、大きいものでは5mmほどの水疱ができます。この水疱が破れて浅い潰瘍となり、痛みを伴います。唾を飲み込むだけでも痛いので、食欲が落ちることも。また、水を飲んでも痛いため、脱水症状にも注意が必要です。

特効薬は現時点では無し…ヘルパンギーナの治療とは?

ice

ヘルパンギーナに対する特効薬は現時点ではありません。発熱や口内炎の症状を抑える治療が中心となります。
喉の痛みから食事が辛くなりがちですが、水分と栄養が不足しないよう、できるだけ食事を取ることも大切です。
特に発熱によって汗をかいているので、脱水症状を防ぐためにも水分補給は必須。
刺激がなく、熱くないもの、やわらかいものがしみにくく、おすすめです。

(ヘルパンギーナの時におすすめの食事)
白湯
牛乳
ゼリー(柑橘系はしみるのでNG)
アイスクリーム
ヨーグルト
プリン
おかゆ
シチュー
スープ

熱いものはしみるので、おかゆやシチューは温度に注意しましょう。
どうしても食事や水分が取れない場合は、病院で点滴を打つことも対策の一つです。

辛い思いをする前に…しっかり予防しましょう!

tearaiugai

ヘルパンギーナには、現時点では予防となる抗ウイルス剤やワクチンがないため、予防接種が行われることはありません。
そのため、日々の生活でしっかりと予防することが大切です。

ヘルパンギーナに限らず、ウィルスに対する予防策としては、手洗いうがいが基本です。外から帰った時は必ず手洗いうがいをする習慣をつけることが大切です。
また、手洗いの後に、消毒をすると更に安心です。
ヘルパンギーナは飛沫感染や手などの接触による感染が主な感染経路。手づかみで物を口に入れてしまうことが多い小さいお子様は、特に手指の消毒に気をつけましょう。

セレクトファーマーシーで扱っている「効果がつづく除菌スプレー」は除菌効果が24時間続くため、お子様の手指の消毒に効果的です。
000000000020-5

また、感染者との接触をなるべく避けること、飛沫感染を防ぐためマスクを着用することなどもあげられます。

子どもだけじゃない!大人が感染する可能性も…!

otona

ヘルパンギーナは子どもがかかりやすい病気ですが、大人がかかる可能性がないわけではありません。
お子様の看病をしている間に、親にうつってしまうことも考えられます。
大人が感染した場合、子どもよりも症状が重くなる場合が多いので注意が必要です。

看病中の飛沫感染を防ぐために、マスクや使い捨ての手袋を着用しましょう。症状が治まった後も2〜4週間はウイルスが排出されるので、赤ちゃんが感染している場合はオムツ交換にも注意してください。
看病後は手洗い、うがい、消毒を徹底することが大切です。

抵抗力が落ちている時はウイルスに感染しやすくなっています。看病は大切ですが、その疲れで抵抗力が落ちて感染してしまっては元も子もありません。家族で交代しながら看病をするなど、共倒れにならない工夫が必要です。

さいごに

last

いかがでしたでしょうか。今の時期注意が必要な「ヘルパンギーナ」。
子どもの夏カゼとして有名ですが、大人も油断はできません。

お子様と一緒に、手洗い、うがい、消毒を毎日の習慣にして、ウイルスを体内に入れないようにしましょう。
抵抗力を高めて、ウィルスに感染しにくい身体を作ることも大切です。

せっかくの夏休みがヘルパンギーナの思い出にならないよう、毎日の生活の中でできる予防をし、元気に夏を過ごしましょう!