MENU

SELECT PHARMACY

くすりのプロのおすみつき

本当に信頼できる正しい情報と商品を厳選してお伝えし、
健康と向き合える環境を作るお手伝いをしたい。

SELECT PHARMACYについてもっと見る

ブルーベリー葉とルテイン

ブルーベリー葉とルテイン

宮崎大学・宮崎県の共同開発!ブルーベリー葉のチカラ。

 
みなさま、こんなことでお悩みではありませんか?
 
夕方になると目がしょぼしょぼする…
スマホの画面がかすんで見づらい…
細かい作業がしづらい…
 
そんな方に、ぜひお試しいただきたいサプリ「ブルーベリー葉とルテイン」をご紹介します。
 
目にいいといえばブルーベリーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?ブルーベリーのサプリやドリンクなどもよく見かけますよね。
実はこのブルーベリー。実よりも葉の方にポリフェノールが多く含まれていることをご存知でしょうか?
 
当店のサプリは、宮崎大学と宮崎県が共同で研究し開発されたブルーベリーの葉を使用!
安心して飲んでいただける「くっきり」をサポートするサプリです。
 
point
この3つのおすすめポイントをご説明いたしますね。
 

宮崎大学と宮崎県の共同開発!

当サプリに使用しているブルーベリーの葉は、宮崎大学と宮崎県の共同開発でうまれました。
そもそもの始まりは宮崎県で多い病気やウイルスを地元の食材で改善できないか?ということ。
宮崎大学の農学部、工学部、医学部と宮崎県が共同で研究し、10年以上もの年月をかけて1500品目以上の宮崎の食材が調べられました。
その結果一番機能性評価の高かったものがブルーベリー葉だったのです。
 
さらに品種改良をすすめ、葉専用品種「くにさと35号」が誕生しました。
ブルーベリーの葉だけの収穫を目的とした生産は宮崎県のみで行われています。完全農薬不使用で生産されていますので、安心して飲んでいただけます。
 

ポリフェノール8倍!実よりもすごい葉のチカラ!

 
ブルーベリーが目にいいと言われているのは、「アントシアニン」というポリフェノールが豊富に含まれ、これが目の不調改善を助けているからです。
「見える」という仕組みを簡単に言うと以下のようになります。
mieru
 
この一連の流れが「見える」仕組みなのですが、目を酷使していると、ロドプシンの再結合が遅れ目の不調の原因になってしまいます。
ここでアントシアニンの出番!アントシアニンにはロドプシンを活性化させ、再合成を助ける働きがあるので、結果目の不調の改善に役立つのです。
 
となると、せっかくサプリを飲むならポリフェノールがたくさん含まれているものがいいですよね。
実は、ブルーベリーの葉には、なんと実の8倍のポリフェノールが含まれています!
8bai
 
10年もの歳月をかけて開発されたブルーベリーの葉のチカラをぜひお試しくださいね!
 

特許取得の「ルテイン」配合!

rutein
 
ルテインは紫外線やブルーライトから目を守ってくれる働きのある成分。強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去して目の老化を防いでくれる働きもあります。
加齢とともに減ってしまいますが、体内で合成する事ができないので、サプリなどで摂取するのがオススメです。
 
当サプリに使われているルテインは特許技術でマリーゴールドから抽出した天然由来のルテイン。人の目に存在するルテインと全く同じなので効率よく吸収されます。
 
ポリフェノールたっぷりのブルーベリー葉にルテインをプラスすることで、さらにサポート力がアップします!
 

1日2粒!くっきりをサポートします!

jyozai
 
ブルーベリー葉エキスがギュッと詰まった当サプリは1日2粒飲むだけでOKです!
 
当サイトを運営するグリーンメディック薬局の店頭でも販売していますが、リピートしてくださる方が多い商品の一つです。
夕方のかすみやしょぼしょぼ目にお困りの方、ぜひお試しくださいね。
 

お召し上がり方

栄養補給の食品として1日あたり2粒を目安に水またはぬるま湯でお召し上がりください。
 

注意点

・開封後は、キャップをしっかりと閉めて保管し、お早めにお召し上がりください。
・ぬれた手で触れないようにしてください。
・原材料表示をご参照の上、食品アレルギーのある方はご使用をお控えください。
・体質、体調により合わない場合はご使用を中止してください。
・妊産婦および授乳中の方はご使用をお控えください。
・乳幼児の手の届かないところに保管してください。
・本品は天産物由来の原料を使用しておりますので、色調等が異なる場合がありますが、品質には問題ありません。
・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。
 
seibun

ブルーベリー葉とルテイン

ブルーベリー葉とルテイン

¥4,104(税込)

購入画面に進む