MENU
SELECT PHARMACY

意外とあった!薬局や薬剤師がテーマの映画・マンガまとめ

意外とあった!薬局や薬剤師がテーマの映画・マンガまとめ

お医者さんをテーマにしたものはよく見かけますが…

ある職業をテーマにした、映画やマンガって面白いですよね。普段見ることのできない職業の裏側なんかが知れて、とても興味深いです。

映画やマンガ以外にも、今期から始まるドラマのラインナップを見てみると、警察官やドクター、出版社の校閲、シェフなど様々な職業がテーマになっていて、職業ものの人気がうかがえます。

医療系で職業ものといえば、医者をモチーフにしたものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
私もその1人ですが、薬局に勤める者としてふと思いました。
「薬剤師や薬局がテーマになった映画とか小説ってあるのかな?」

考えても思い浮かばなかったので、調べてみました!
すると意外と薬局や薬剤師をテーマにした作品があったんです!
実は全部見たことがなかったのですが、独断と偏見で決めた「見たい度」と共にご紹介します!

映画編

「おとうと」
otouto
(http://movies.yahoo.co.jp/movie/おとうと/334212/)

2010年に公開された日本映画。
「武士の一分」や「男はつらいよ」シリーズなど、日本を代表する巨匠山田洋次監督の作品です。

<あらすじ>
小さな薬局を営み女手一つで娘を育てた主人公高野吟子(吉永小百合)と、大酒飲みで親類中から煙たがられている風来坊な弟・鉄郎(笑福亭鶴瓶)の物語。

吟子の夫の13回忌で泥酔し大暴れして以来、吟子と音信不通になっていた鉄郎。
しかし吟子の娘・小春の結婚式に鉄郎が突如現れ、一滴もお酒を飲まないという吟子との約束を破り、酔っ払って結婚式を台無しにしてしまいます。
それでも鉄郎をかばう吟子でしたが、ついに絶縁を言い渡してしまいます。その後姿を見せなくなった鉄郎ですが、実は大きな病を抱えており…

見たい度…★★★☆☆
あらすじだけ読んでもしんみりしてしまいます。吉永小百合さんと笑福亭鶴瓶さんが姉弟というのも絶妙な組み合わせですよね!

娘の小春は蒼井優さんが演じられています。家族の絆を描いたしんみりしながらもあたたかい映画なんだろうなぁという印象を受けました。

ぜひ見てみたいのですが、肝心な薬局はあまり出てこないのかな?と感じたので、個人的見たい度は3です。

「ドラッグストア・ガール」
drugstoregirl
(http://movies.yahoo.co.jp/movie/ドラッグストア・ガール/318881/)

2004年に公開された、日本映画。
脚本を宮藤官九郎さんが手がけています。

<あらすじ>
薬科大学に通う主人公、大林恵子(田中麗奈)は、同棲中の彼氏に浮気され、家を飛び出してしまいます。
飛び乗った電車でうたた寝をして、気づけば知らぬ街、摩狭尾(まさお)にたどり着いた恵子。

そこでたまたま立ち寄った「ハッスルドラッグ」で、成り行きでバイトをすることになり、なぜか周辺のオヤジたちに次々惚れられ、なぜかラクロスチームを結成して監督に…!?

見たい度…★★★★☆
なんだかハチャメチャなストーリーですよね。脚本が宮藤官九郎さん、主演が田中麗奈さん、脇を固める役者陣も、柄本明さん、三宅裕司さん、六平直政さん、荒川良々さんなど個性的で豪華な顔ぶれ。面白いに違いない!と見たい度がかなり高めです。
ドラッグストアがどれだけお話に関わってくるのかが気になるところなので、見たい度は4です。

■マンガ編
「薬学女子」
yakugakujyoshi
(https://www.amazon.co.jp/薬学女子-北乃-ブンコ/dp/4569779794)

2010年に発売された北乃ブンコさんの作品。北乃さんは北海道医療大学の薬学部出身でその実体験を元にした四コママンガです。

飲み会で牡蠣が出ればノロウィルスについて談義し、胃の調子が悪いと誰かが言えばピロリ菌に対する処方を考えてしまう…そんな普段知ることのない薬学生の日常が書かれており、薬学生もそうでない方も楽しめる内容です。

見たい度…★★★★★
インターネットで少し立ち読みができたのですが、さわりだけでも面白かったです!
四コママンガなので気軽に読めるのもいいですね。
これを読めば、薬局で薬剤師を見るたびに「この人もあんな学生生活送ってたのかなー」と親しみがわきそうです。

「薬局のポチ山さん」
pochiyamasan
(http://www.keibunsha-bambio.com/shopdetail/007000000033/)

イラストレーターでもある安倍吉俊さんの作品。薬局を営む無口で引きこもりの主人公ポチ山さんと、高校生男子・滝君の日常コメディ。

接客中でも御飯時になればご飯を食べ、一切喋らず筆談で会話をする、かなりマイペースなポチ山さんが可愛いです。

見たい度…★★★★☆
こんな薬局が本当にあったら困るだろうなぁと思いますが、変人なポチ山さんが魅力的で許してしまいそうです。
読んでみたいのですが、同人誌での販売で手に入れ辛そうなところが難点なので、見たい度は4です。

「薬屋りかちゃん」
rikachan
(http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-129582/)

現役薬剤師、新井葉月さんによる作品。自身の経験したエピソードなどがわかりやすく描かれています。

小児科の門前薬局で働く主人公塩乃樹りかは、大の子供嫌い。薬局に来る子供と親たちに四苦八苦しながらも、周りの人に助けられ成長していくハートフルな物語です。

見たい度…★★★★☆
現役の薬剤師さんが描かれているということで、調剤薬局の内側についてわかりやすく描かれていそうでぜひ読んでみたいマンガです。
インターネットの試し読みで少し読めますので、気になる方はぜひ!個人的見たい度は4です。

いかがでしたでしょうか?
医療系の職業ものといえば医者の作品を思い浮かべがちですが、薬剤師・薬局をテーマにした面白そうな作品も意外とありました!

ご興味のある方ぜひぜひご覧になってくださいね。
これをきっかけに薬局や薬剤師に興味を持っていただけたら嬉しいです♪

single