MENU

SELECT PHARMACY

くすりのプロのおすみつき

本当に信頼できる正しい情報と商品を厳選してお伝えし、
健康と向き合える環境を作るお手伝いをしたい。

SELECT PHARMACYについてもっと見る

りんご1個のカロリーは?「医者いらず」だけど、ダイエット的にはどう?

りんご1個のカロリーは?「医者いらず」だけど、ダイエット的にはどう?

「りんご1個で医者いらず」っていうじゃないですか?

 

実際、りんごについての論文などを調べてみると、健康にはすっごい良い感じってことがよく分かります。

 

例えば、体脂肪や中性脂肪を減らすのに役立ったり、コレステロール値を下げるのに効果があったりすることが分かります。

 

他にも疲労やアンチエイジングにも効果的だと言われています。

参考→http://ci.nii.ac.jp/naid/130000129035

(日本補完代替医療学会誌 6(2), 69-74, 2009 のサマリーを参照しました。)

 

つまり、上の学会誌の中で論じられているように、「りんごは健康に効果的」というのはホントというわけですね。

 

でも、ここで疑問に思う事があります。

りんごって密たっぷりのあま~い品種とかもあるじゃないですか?

 

ですから、ダイエット的な面から考えたらりんごってどうなんだろうって思いませんか?

 

と、この点が気になったので、今回は以下のようなことお伝えしていきます!

・りんごのカロリーとか糖質を他の果物やお菓子などと比較。

・当薬局の薬剤師にダイエット的にGoodな成分を質問。

 

では、さっそく見ていきましょう。

 

りんご1個のカロリーや糖質は?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_m

 

見出しに書いているように、ここでは「りんご1個のカロリーや糖質について」お話していきます。

 

ただ、もしかしたらあなたは「そもそもカロリーと糖質の違いってなんだろう?」ということを疑問に思っているかもしれません。

どうですか?

少なくとも、私はこの点がもや~っとしていたので、まずはカロリーと糖質の違いについてお話しますね。

 

カロリーは、エネルギーの単位のことです。

ですので、実はカロリーと糖質は比べる対象ではありません。

 

たぶん、言葉だけでは分かりにくいと思います。

ですので、下の表を参考にしてみてください。

 

下の表の各項目の対応関係を見れば、カロリーと糖質は比べる対象ではないことがお分かりいただけるのではないでしょうか?

seibunrgb

 

「カロリー」が単位であるのに対し、「糖質」は成分です。

(正確には、「炭水化物」の中の成分として「糖質」があります。)

 

ですので、「糖質とカロリーの違い」を考えるのは、少しずれているというわけですね。

 

さて、それではいよいよりんご1個のカロリーについて考えていきましょう。

 

りんごは大きさがバラバラですが、スーパーなどで「大きいなぁ」と感じるようなサイズのりんごは400gくらいです。

 

また、普通サイズかなと感じるものに関しては、250g。

小さいかなと感じるりんごは、170gくらいです。

 

ここで、りんご可食部100g当たりのカロリーが51kcalであることを考えると…

・大きいりんご1個は204kcal

・中くらいのりんご1個は127.5kcal

・小さいりんご1個は86.7kcal

くらいかなと推測できます。

(「りんご100g当たりの~」というお話は、文部科学省が出している「日本食品標準成分表2015年版」を参考にしました。http://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/1365295.htm)

 

と言っても、これだけだと目安が分からないですよね?

私も目安が知りたいと思いました。

そこで、いくつかの食べ物と比較してみることにしてみました。

 

具体的には以下の3つの食べ物です。

・メロンパン

・パイナップル

・バナナ

 

まずは、メロンパンのカロリーについて見ていきましょう。

776c80793fbbf01c82fc2253977e5436_m

 

市販のメロンパンのカロリー一覧を見たところ、だいたい1個300kcal~500kcalです。

大きいりんごでも、204kcalくらいであることを考えると、「うわっ!多っ」と感じますよね?

 

次にパイナップルのカロリーについてです。

11ca4ba766a8c34e4daa8607e3b737c3_m

 

私たちがよくスーパーなどで買うカットパインは、だいたい200gで詰められています。

そして、パイナップルは100g当たり51kcalです。

ですので、パイナップルは1パック当たり100kcalくらいという目安でOKですね。

 

最後にバナナ。

1adebdaead9604359b6746d38ed10fb0_m

 

バナナは100g当たり、86kcalです。

で、バナナ1本は大体120gくらいです。

ですので、バナナは1本あたり大体100kcalくらいです。

 

以上をまとめると、

・大きいりんごを丸ごと2個食べるのと、メロンパン1個が同じくらい。

・大きいりんご1個とカットパイン2パックが同じくらい。

・大きいりんご1個とバナナ2本が同じくらい。

という感じですね。

 

私は、つい先日、大きいりんごを丸ごと1個食べたんですけど、その時の満腹感は、メロンパン1個を食べるときの満腹感よりもはるかに大きかったです。

 

めっちゃ主観ですが。。。

 

ですので、「普段の朝ごはんや昼ごはんを菓子パン1つなんかで済ませているような人には、りんご置き換えダイエットなんかもありかも?」なんて思ったんですけど…。

 

どうです?

いいアイデアだと思いませんか?

 

でも、りんごがいくら満腹感を感じさせてくれて、なおかつ健康的にもGoodだとしても、実際に置き換えダイエットをするってなったら、色々と健康面で注意した方がいい点もありそうです。。。

 

そこで、当薬局の薬剤師に、りんごのダイエット的にGoodな成分に加え、りんご置き換えダイエットについても考えてみましょう。

 

当薬局の薬剤師に「りんご1個で医者知らず」について尋ねてみた。

8027ed6093420336b5d7e3ba19c4668d_m

 

「りんご1つで医者いらず」ということわざってウソ?それとも、ホント?という疑問を当薬局の薬剤師に聞いてみました!

 

では、薬剤師と私の会話を再現してみたので、どうぞご覧ください。

※私は薬剤師のことを「先生」と読んでいます。

 

〜〜〜ここから再現スタート〜〜〜

先生、『りんご1つで医者いらず』ってことわざ、あるじゃないですか?あれって、実際のところどうなんですかね〜?

あれは、医学的には理にかなってると思うよ。まず、ポイントになるんは、クエン酸やね。

クエン酸?

そうや。ほら、クエン酸は血をさらさらにする働きがあるやろ?

はい、そうですね。

血がさらさらになるってことは、血液のめぐりが良くなるってことやから、体内に酸素がしっかりと送られるということなんや。

なるほど、なるほど。

やから、スポーツドリンクの○カリスエットとかには、クエン酸が入ってるんや。

なるほど〜。つまり、クエン酸という要素を取っても、『りんご1つで医者いらず』は妥当なんですね。あ、ちなみにダイエット的にはどうなんですかね?

ダイエット的にも結構良いと思うで。桃なんかと比べたらわかると思うけど、りんごはめちゃくちゃ糖分が高いわけじゃないからね。

確かにそうですね。めっ〜ちゃ甘いってわけでもないですね。

あとは、ダイエット的というのとは少し違うけど、理論的には老化を防ぐ効果もあるで。

あ、抗酸化作用ってやつですね。

そうや。りんごって切って放置しといたら、変色するやんか?あれって、りんごが酸化してるってことなんや。つまり、他の物質が酸化する身代わりになるってことやな。

なるほど〜。ってことは、理論的にはりんごは美容にも良いって言えそうですね。めっちゃ、分かりやすかったです。ありがとうございました。

〜〜〜再現ここまで〜〜〜

 

やっぱり、「りんご一つで医者いらず」ってのは、理にかなってるんですね。

 

ことわざって経験に基づいて生まれるものなので、昔の人はクエン酸とか抗酸化作用を日常で感じていたのかもしれませんね~?

 

【まとめ】結局、りんごってダイエット的にはあり?

e3239975fe55527e6f51d096282e26bb_m

 

というわけで、最後にまとめます。

 

・りんごは満腹感が大きいので、カロリーに対しての満足度が大きいかも。

・「りんご1つで医者いらず」は理にかなってる。

・りんごは美容的にも良い。

 

こんな感じですね。

 

わたしは小さい頃からりんご大好きだったので、「りんご1つで医者いらず」ということわざに、ちゃんとした医学的な根拠があるということでとても良かったです。

 

この記事で見てきたように、りんごはダイエット的にも良い感じです。

ですので、あなたもダイエット中に甘いものが恋しくなった時には、りんごを食べるようにしてみてはどうでしょうか〜。