MENU
SELECT PHARMACY

【根拠も!?】「乳酸たまる」言うてたけど疲労物質ではないかも?

【根拠も!?】「乳酸たまる」言うてたけど疲労物質ではないかも?

こんにちは。

 

今回は乳酸と疲労についてのお話です。

 

「乳酸たまるわぁ~。」

 

がっつりスポーツをしていた人は、発したことのある言葉ではないでしょうか?

 

私もサッカーをしていた時には、「乳酸たまる」=「疲れる」みたいなイメージでとらえていました。

階段ダッシュとか、負荷のかかる筋トレとかする時には、勝手に乳酸を感じていました。

 

でも、この「運動時に疲れている感覚は乳酸がもたらしている」という考えが間違っていると主張する人がいます。

それが、東京大学の八田秀雄さんです。

 

私はとても単純なので、「あぁ、東大の先生が、『乳酸は疲労物質』という考えに疑念を抱いているんか…。そんなら、本当に疲労物質ではないのかもしれんな…。」と考えが変わりました。

 

でも、この主張にもきちんとした根拠もあります。

 

「乳酸は疲労物質ではない」という主張の根拠は?

276ce6477e39a35b00543cfb9dce96cf_m

さて、それでは「乳酸は疲労物質ではない」という主張の根拠について考えていきましょう。

 

でも、まずは、「そもそも乳酸とはいったい何なのか?」という点について説明しますね。

muscle

乳酸は、糖を分解するときにできる物質です。

 

糖が分解されるのは、糖からエネルギーが取り出される時です。

糖は、ミトコンドリアに働きかけられて、ATPという物質を生み出します。

で、そのATPがエネルギーを生み出します。

 

このプロセスでエネルギーが作られるのであれば、激しい運動など、エネルギーが必要なときに、乳酸ができるのは納得できますね。

 

さて、今紹介した「糖が分解するプロセスで乳酸が生まれる」ということについてなんですが、八田秀雄さんによると、「糖がエネルギーを生成する量>ミトコンドリアの量」となるときに、乳酸が生じるようなのです。

 

以上のプロセスで乳酸は生まれます。

 

でも、これだけでは、「乳酸が疲労物質ではない」とは言えませんよね?

 

ですので、疲労物質に関して、もうちょい掘り下げて見ていきましょう。

 

実は、エネルギーが生みだされるプロセスで生じるものにはリン酸もあります。

上の図にも示しているように、リン酸は、ATPからエネルギーを生み出す際に生じます。

 

このリン酸という物質は、筋肉の収縮に関わっているカルシウムと結合しやすいという特徴があります。

 

そして、リン酸がカルシウムとくっついてしまうと、カルシウムの働きが鈍くなると言われています。

 

つまり、リン酸によって筋肉が動きにくくなるというわけです。

言い換えると、激しい運動をした時に感じる疲労感は、筋疲労であるというわけです。

 

となると、「乳酸はたまるわぁ」というのは、実は間違っているのかもしれませんね。

 

でも、「乳酸は疲労物質ではない」という主張は、あくまでも八田秀雄さんの意見に基づいたものです。

 

もちろん、八田秀雄さんはスポーツ科学の研究の第一線を走っていると思われます。

ですので、主張の根拠もしっかりとしていると思われます。

 

ただ、一般的に知られているような考えとは少し異なりますよね?

 

ですので、「他の医療系の人は、どう捉えているのかなぁ?」と疑問にいるので、他の医療従事者の意見も聞いてみることにしました。

 

乳酸と疲労に関して、当薬局の薬剤師に意見を求めてみました。

1e76a4299b84907d007589743d6c6352_m

乳酸と疲労に関して薬剤師に意見を求めてみました。

 

・「乳酸は疲労物質ではない」

・「乳酸だけが疲労物質というわけではない」

 

という主張がありましたが、実際にはどうなんでしょう…?

 

…と、このような疑問を抱いたので、この疑問について当薬局の薬剤師に質問してみました。

 

で、そのやり取りの主旨をまとめると…。

 

・「『乳酸が疲労物質ではない説』は、とても驚き。」

・「確かに、理論的には妥当性があるようにも思える。」

・「ただ、医学界で一般化されているほど、広く認められている考えではないと思う。」

 

といった感じになります。

 

ですので、当薬局の薬剤師は、「とても興味深いけど、まだ中立的にとらえたい」というスタンスです。

 

結局、「乳酸は疲労物質ではない」説はどうなの?

91247eaa761007e200688bede2334b7c_m

さて、ここまで「乳酸は疲労物質ではない」という説について、一緒に考えてみました。

 

で、結局、「乳酸は疲労物質ではない」説はどうなのだろうかという疑問についての答ですが、結論としては、「理解できるものの、まだ『正しい』とは言いにくい」という感じになります。

 

私は部活をしていた中学生・高校生の時に、「運動をしたときの疲れと倦怠感(なんとなく疲れた感覚)って違うなぁ」という印象を抱いていたので、八田秀雄さんの考えを初めて目にした時には驚きました。

 

ただ、結論から言うと、まだまだ「医学的に妥当性がある」と言われているわけではないようです。

 

その一方で、新しい考えは最初は「本当かなぁ」と疑問視されるので、今後、「乳酸は疲労物質ではない」というのが通説になる可能性もあるかもしれませんね。

 

いずれ、今回のテーマも含め、疲労のからくりが分かるようになって、倦怠感フリーな世界になると良いですね!

single