MENU
SELECT PHARMACY

薬剤師さんに聞いた!免疫力アップにおすすめ成分

薬剤師さんに聞いた!免疫力アップにおすすめ成分

暑い夏が終わり寒くなってくると流行るもの。
それは風邪やインフルエンザ・ロタなどのウィルス感染…
新型コロナウィルスも猛威をふるう今だからこそ自己免疫力・自然治癒力を高めて備えましょう。

 

そこで今回は免疫力アップにおすすめな栄養成分を薬剤師さんに聞いてみました!
毎日の生活におすすめな栄養成分を取り入れて健康に過ごしましょう(^v^)

免疫力の要は免疫細胞「マクロファージ」

免疫力の要となるのが「マクロファージ」という免疫細胞の一種です。マクロファージは体内のいたるところに存在し、体内に侵入したウィルスや細菌などの異物を食べる働きで体の免疫を支えています。

 

食べた異物の情報をBセル、Tセルという細胞に送っています。
その情報をBセルが分析をし、Tセルが抗体を作ります。抗体ができれば、次に同じウィルスが侵入してきても効果的にやっつけることができ、体の免疫が高まるのです。

 

免疫力をアップさせるには?

免疫力アップ

 

免疫力UPさせるため基本的に大切なことは、決まった時刻に起きて食事を摂り、しっかりとカラダを動かすこと。

 

①適度な活動性と休養のバランス、栄養がバランスがとれた食事をとる
②からだを温める
③ストレスを減らす
④腸内環境を整える

 

この4つを意識して実施することが大切です。

 

この4つを意識していても、近年では衛生状況が良くなったことで細菌に接する機会は減り免疫のバランスが乱れやすく、風邪やアレルギーなどを引き起こしやすくなってきたといわれています。また免疫力は加齢やストレスなどで機能が低下してしまいます。

 

基本的に大切な4つのことにプラスして、マクロファージを活性化させるLPSや免疫力UPによいと言われているビタミンD、ビタミンCなどを積極的に摂ることがオススメです。

薬剤師さんがオススメする栄養成分

ビタミンC

 

・ビタミンD

ビタミンDには、免疫機能を調節する働きがあります。体内にウイルスが侵入してきた際に不要な免疫反応に抵抗し、必要な免疫機能を促す役割も。このため、インフルエンザ、風邪や肺炎などの感染症への効果も期待されています。 また免疫機能の調節だけでなく、骨を丈夫にする働きもあります。

 

ビタミンDは太陽のビタミンとも言われており、太陽の光を浴びて皮膚で合成する成分ですが、外出を控えている方や太陽の光をあまり当たらない方はサプリメントなどで摂取することがオススメです。

 

・ビタミンC

ビタミンCには、細菌やウイルスを体内に侵入させにくくし、さらに侵入してしまった細菌やウイルスを攻撃して免疫力を高めて風邪を引きにくくし、風邪を引いてしまっても早く治す働きがあります。

 

ビタミンCは免疫力を高める仕組みは、ビタミンCは抗ウイルス作用を持つインターフェロンという物質の生成を促すからです。インターフェロンは、抗生物質では効果のないウイルスの核酸を破壊し免疫力を高めるため、ウイルス性肝炎 (B型・C型肝炎)の特効薬としての期待が高まっています。
ビタミンCは肝臓の薬物代謝に関わる酵素を活性化し、解毒作用を高める効果もあります。

 

・LPS(リポポリサッカライド)

LPS(リポポイックアシド)のマクロファージの仕組みLPSは免疫ビタミンとも言われ、カラダの「自然免疫力」を強化し、病気やウィルスに負けない体作りに役立つといわれています。

 

LPSがマクロファージを活性化する仕組みは、マクロファージの細胞表面には、色々な物質をキャッチするためのレセプター(受容体)が多数存在します。レセプターにLPSが結合すると、細胞内の核にまでシグナルが伝達されて、核の中の遺伝子が揺り動かされて細胞が活性化するのです。

まとめ

これから風邪やインフルエンザなどのウィルスがはやる季節だからこそ、免疫力をアップすることで元気に過ごしましょう。
免疫力アップのために大切な基本的なことは、決まった時刻に起きて食事を摂り、しっかりとカラダを動かすこと。
なかなか気をつけて生活するのが難しいという方はビタミンC、ビタミンD、LPSのサプリメントなどを駆使して自己免疫力・自己治癒力を高めましょう!

single