MENU
SELECT PHARMACY

RNAとDNA(リボ核酸とデオキシリボ核酸)

RNAとDNA(リボ核酸とデオキシリボ核酸)

成分名

成分名:RNA and DNA(リボ核酸とデオキシリボ核酸)

 

別名:核酸(Nucleic Acids)、デオキシリボ核酸(Deoxyribonucleic Acid)、ヌクレオチド(Nucleotides)、ピリミジン(Pyrimidines)、リボ核酸(Ribonucleic Acid)、DNA、Deoxy nucleic Acid、Nucleic、Nucleic Acid、Nucleic Acids、Purines、RNA、RNA-DNA、RNA/DNA

概要

RNAとDNAの概要

 

RNAとDNAは、体内で作られている化合物で、くすりとしても使用されることもあります。

RNAはRibonucleic Acidの略であり、リボースとリン酸と塩基から成り立っています。

DNAはDeoxyribonucleic Acidの略であり、デオキシリボース(糖)とリン酸と塩基から成り立ち、RNAとDNAは塩基の種類が一部異なりますが、基本構造は糖の酸素の数が違うのみです。

有効性・効果効能

・RNAとDNAの体内での主な働き

ヌクレオチドと呼ばれる化合物で、体内で合成され腸の発達、肝臓手術または損傷などの早急な細胞成長、さらには免疫システムへの攻撃といった状況の下では欠かせない役割をもっています。

 

・手術または病気からの早期回復

有効レベル:★★★☆☆☆   (※効くと断言はできませんが、効能の可能性が科学的に示唆されています)


手術前後の患者さんの食事をRNA、L-アルギニン、エイコサペンタエン酸(EPA)で補うことで、術後の早期回復を促すかもしれません。この3つを組み合わせたものを摂取することで免疫力を高め、感染病にかかりにくくなり、傷の回復力アップして早期回復するようです。

 

・やけどの回復

有効レベル:★★☆☆☆☆ (※効かないかもしれません、気持ちの持ちようかも・・・)


RNAとDNAはやけどなどの回復によいとも言われていますが、科学的に実証されていないため効果はわかりません。

 

安全性

RNAは、オメガ3系(n-3系)脂肪酸とL-アルギニンと同時に内服する場合、あるいは皮下注射により摂取する場合は、ほとんどの人に安全です。注射した際には、注射した部分にかゆみ、発赤、腫張を引き起こすこと可能性があります。

※オメガ3系(n-3系)脂肪酸とは、青魚に含まれているエイコサペンタエン酸(EPA)などの脂肪酸のことです。

RNAとDNAを同時に経口摂取することについての安全性は、今のところ十分なデータはありません。

 

妊娠中・授乳中の方の使用

安全性についてはデータが不十分なため、妊娠中・授乳中は安全性を考慮し、摂取は避けてください。

 

薬・サプリメントとの相互作用

ほかの医薬品や健康食品などとの相互作用は明らかではありません。

気になる場合はお医者様や薬剤師に相談しましょう。

 

使用量の目安

・腸内投与する場合の目安

30mg/kg/日のRNAをアルギニンおよびオメガ3系脂肪さんとともに投与。

・注射する場合の目安

10mgの注入可能なRNAを、1日おきに2~4週間投与。

あくまで目安であるため必ずお医者様にご相談の上、処方された量を守ってご使用してください。


Warning: ksort() expects parameter 1 to be array, object given in /home/greenmedic/select-pharmacy.jp/public_html/goods/wp-content/plugins/yet-another-related-posts-plugin/classes/YARPP_Cache.php on line 465
single