MENU
SELECT PHARMACY

11月の旬の食べ物(栗とさつまいも)

11月の旬の食べ物(栗とさつまいも)

秋は美味しい食べ物が多い季節。
その中でも特に美味しくなる食べ物の「栗」と「さつまいも」。
美味しいだけじゃない、カラダにも良い栄養素と効果をご紹介します!

「栗」と「さつまいも」から得られる効果と栄養素

栗とさつまいもの栄養成分

「栗」と「さつまいも」は、食物繊維・カリウム・ビタミンといった栄養素がたくさん!「栗」と「さつまいも」の嬉しい栄養素の効果について解説していきます。

 

 

栗の嬉しい栄養効果

くりの栄養成分

ビタミン類

栗のビタミンは、AやB1・ビタミンCが多く風邪予防に重要な栄養素が含まれています。
ビタミンCは熱に弱い性質がありますが、栗の場合はデンプンに包まれている状態のため加熱にも強いという特徴があります。

 

■カリウム

カリウムは人間の体に含まれるミネラルの中で、最も量が多いことで知られています。

カリウムは、人間の細胞の浸透圧に関係しており過剰になったナトリウム(塩分)を排出してむくみの軽減や血圧の改善、頭痛の改善などに働きかけていると言われています。

 

■食物繊維

食物繊維は、人間の体で生成することが栄養素で食品から摂取する必要があります。

食物繊維には、お腹の調子を整え、体内の老廃物を排出しやすくする効果が有名です。
肥満や糖尿病などのいわゆる生活習慣病の予防にも役立つと言われています。

栗には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が含まれています。

 

■タンニン

渋皮にはポリフェノールの一種、タンニンが多く含まれており、この強い抗酸化作用により、老化の防止やガンの予防に効果があるそう。渋皮を食べられるように調理の仕方を工夫するとタンニンを多く取ることができます。

さつまいもの嬉しい栄養効果

さつまいも栄養素

 

■ビタミンC
さつまいもに含まれるビタミンCは肌のシミ対策や炎症に効果的と言われる栄養素です。
さつまいもに含まれるビタミンCはリンゴの約5倍含まれており、ビタミンEを同時に摂取することでより美肌効果に役立つと言われており美肌を目指したい方にピッタリです。

 

■食物繊維
栗でもご紹介した食物繊維。

さつまいもには、可食部(生)100gに対して、2.2gの食物繊維が含まれています。
さらに、さつまいもにも水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が含まれており、おなかの調子を整え、キレイになりたい方におすすめです。

 

■カリウム
さつまいもは栗よりも多くのカリウムが含まれています。ちなみに米飯と比較するとカリウムは約18倍含まれています。
このカリウムとは余分なナトリウムを体外に排出してくれるので、むくみ対策に有効的です。
あたためて食べることによって、よりむくみ解消に役になってくれます。

 

まとめ

秋に美味しい「栗」と「さつまいも」をご紹介しました。
この2つの食材はビタミンCと食物繊維、カリウムが豊富ですのでぜひ旬の食材を楽しみながら栄養をとってくださいね!

single