MENU

SELECT PHARMACY

くすりのプロのおすみつき

本当に信頼できる正しい情報と商品を厳選してお伝えし、
健康と向き合える環境を作るお手伝いをしたい。

SELECT PHARMACYについてもっと見る

肌荒れの原因!洗濯用洗剤を選ぶときに知っておくべき知識

肌荒れの原因!洗濯用洗剤を選ぶときに知っておくべき知識

肌荒れ・アトピーにお悩みの方。洗濯用洗剤、どのように選ばれていますか?

毎日お洗濯をされるご家庭も多いことだと思います。

ということはそれだけ肌に触れ、もたらす影響も大きいということですよね。

肌に関わるものだからこそ、ぜひ正しい知識を持って適切に選んで頂きたい。

そんな思いから、

今回は、お肌が弱い方に向けて、洗濯用洗剤に関する正しい知識をお伝えします。

合成洗剤とは?

まずは、合成洗剤についてご説明します。

洗濯用洗剤をはじめ、歯磨き粉や台所用洗剤など、あなたのお家にも一つは

合成洗剤があることだと思います。

合成洗剤とは、石油などを原料とする科学的に合成された洗剤のことで、

上で説明した「界面活性剤」が配合されています。粉状、固形、そして液体のものが存在しています。

そして実は、この合成洗剤に含まれる界面活性剤が肌荒れの原因の1つなんです。

石鹸よりも洗浄力が高いことなどから、人々の間に普及していきました。

界面活性剤とは?

界面活性剤とは、2つの性質の異なる物質において働き、界面の性質を変える物質のことをいいます。

2つの成分をなじませる働きをイメージしていただくと良いのですが、

界面活性剤を使用し、一緒に混ぜることで

水と油のように本来なら混ざらないはずの2つの物質も綺麗に混ざってしまいます。

そして、この界面活性剤が使用されている洗剤を「合成洗剤」と呼びます。

上で説明したように、石鹸に比べ高い洗浄力を持つことなど好都合な点もありますが、

人間の肌への問題も確認されているのも事実です。

界面活性剤の種類をよく理解し、選択することが重要

続いて、界面活性剤の問題点についてご説明します。

最初に認識していただきたいのは、全ての界面活性剤が危険というわけではなく、

石鹸も界面活性剤の一つです。界面活性剤というのは、

「汚れを落とす」洗剤にとっては、なくてはならない成分です。

この界面活性剤には種類があり、その種類について正しい知識を持って、

地球や人に害のない界面活性剤を使用している洗濯用洗剤を使えば肌荒れを防ぐことができます。

石油由来の界面活性剤?

界面活性剤について考えるときに、

「植物性」や「石油性」という言葉をよく聞くと思います。確かに石油由来の成分は

肌荒れの原因を引き起こしますが、

天然油脂の原料を使っている合成洗剤が存在するのも事実です。

いくら原材料が天然でも、結果合成洗剤であれば意味がありません。

石油由来のものを避けるのは大前提で、それに加えて以下の2つの視点についてご説明します。

⑴構造について

石鹸と合成洗剤を比較しながら、構造についてご説明します。

石鹸は、天然油脂を加水分解して作られるのですが、構造の特徴として、親水基がカルボン酸であることが挙げられます。これはとても弱い酸として知られています。

逆に、合成洗剤は代表的な界面活性剤を選んでも、親水基が強い酸であることが多いのです。

この酸の違いは、洗剤として使うときに、水中の硬度成分と結合するか、しないかということに関係しています。

弱い酸である石鹸の場合、水中の硬度成分と結合することで石鹸カスとなり、

薄い濃度では界面活性剤の役割を失います。界面活性剤としての役割を失うことで、

環境にでたときにも、生物や地球に悪影響を及ぼすことがなくなるのです。

一方、合成洗剤のように結合しない場合は、石鹸カスが出来にくい代わりに

界面活性剤としての力を失わない為、タオルなどへの残留が肌への刺激や、地球への悪影響が

懸念されるという違いがあるのです。

⑵添加物について

次に添加物の違いについてお話します。

ここでいう添加物とは、洗濯用洗剤に含まれる水軟化剤などの添加物のことです。

添加物に関しても、石鹸と合成洗剤を比較してご説明します。

石鹸を構成している、石鹸分以外の成分は主に水をアルカリ性にして、

石鹸分の働きを高めることを目的に使用されるアルカリ剤のみです。

それに対して、合成洗剤ではアルカリ剤以外にも

洗剤カスの発生を抑えるものや、色を明るく白く見せるもの、タンパク質などの汚れを

分解するものから香料まで、、

多くの添加物が使用されているのです。

一概に、界面活性剤が悪いとは言えないことと、

「石油」というキーワード以外にも、構成成分などの確認の重要性について

お分かり頂けたでしょうか?

そして、お肌に悪い影響を与えてしまう界面活性剤を選んでしまうと、

主にこれらのネガティブなことが引き起こされる可能があるのです。

肌荒れの可能性

皮膚の表面は、皮脂膜というバリアで覆われていて、水分を保つ働きをしてくれています。

界面活性剤によって皮脂膜が破壊されてしまうことで、

お肌は水分を保つことが難しくなり、肌荒れの原因となります。

皮膚を傷つける可能性

一度肌に触れると、浸透しやすいと言われる界面活性剤は、

体内に残留しやすく、バリアゾーンを破壊してしまいます。

肌のバリアゾーンとは、角質層と顆粒層の間にある薄い層で、外から内部に侵入する細菌や

ウイルスを防いでいます。このバリアゾーンが破壊されると、

外部からの異物の侵入を防げなくなってしまい、肌を傷つける原因となります。

懸念されている発がん性

お肌への影響だけではなく、発がん性も懸念されているのをご存知ですか?

界面活性剤は人の体では分解できないのにも関わらず、

体内にとどまってしまう性質を持っています。これが少しずつ蓄積されることで

発がん性や臓器に影響を与えるとも言われています。

以上のような危険な面を持っているということを少し頭において、

ぜひ人体に悪影響のない界面活性剤を使用している洗濯用洗剤を選んでみてください。

洗い上がりについて

また、洗い上がりについても少し考えてみてください。洗い上がりに、洗濯用洗剤が

タオルや衣類に付着していると、それらが肌荒れの原因になります。

いくらお肌に安全なものを使っていても、衣類にそれが残留していては肌が荒れてしまいます。

そこで、気にかけていただきたいのが、洗剤の種類です。

洗剤の種類には、粉末洗剤・液体洗剤・液体石鹸など、様々な種類があります。

これらの洗剤は、ただ形体が違うのではなく、

水に溶けやすいか、またそうでないかという違いがあります。

衣類への残留を減らすためには、液体洗剤がオススメです。

粉末洗剤・粉石鹸は水に溶けにくいものの代表で、

衣類にも残りやすいため、意識して避けてみてください。

また、種類だけではなく、

すすぎ回数を増やすなど、お洗濯をする際にも、衣類に洗剤が残留しないように心がけてみてください。

さいごに

いかがでしたか?世の中の広告や、一見安心に聞こえる言葉たちに

惑わされず、正しい知識を持って、洗濯用洗剤を選んでみてください。