MENU
SELECT PHARMACY

【素材・成分情報】アジサイ

【素材・成分情報】アジサイ

成分名

成分名:アジサイ(HYDRANGEA)

別名:アメリカノリノキ(Hydrangea arborscens)、ヴィバルナルアルニホリウム(Viburnm alnifolium)、Mountain hydrangea、Saven Barks、 Smooth Hydrangea、VIburnum americanum、Wild Hydrangea

概要

アジサイ(HYDRANGEA)は、北米・南米、東南アジア原産の観賞用植物です。根や根茎(地下茎)を用いてくすりをつくることがあります。
伝統的な漢方薬で、北米のチェロキー族は排尿障害の治療に使用されてきました。

 

有効性・効果効能

・アジサイ(HYDRANGEA)の体内での主な働き

 

アジサイ(HYDRANGEA)は、アジサイに含まれる化学物質が排尿量を増やし、それによって尿路障害の改善に役立つ可能性があります。

 

 

・前立腺肥大、前立腺感染、膀胱炎、尿道感染、腎結石、花粉症など

有効レベル:☆☆☆☆☆☆   (※科学的データが不十分)


アジサイ(HYDRANGEA)は前立腺肥大、前立腺感染、膀胱炎、尿道感染、腎結石、花粉症の促進に役立つなどと言われていますが、科学的根拠が不十分です。

安全性

アジサイを摂取する場合、2~3日であればほとんどの人に安全です。まれに、吐き気、嘔吐、下痢、めまい感、胸部圧迫感などの副作用があります。
乾燥させたアジサイの根茎/根を一度に2g以上摂取したり、長期で摂取することは安全ではありません。

妊娠中・授乳中の方の使用

妊娠中・授乳中のアジサイの摂取は十分なデータがありません。
安全性を考慮し、摂取を避けてください。

薬・サプリメントとの相互作用

【薬】炭酸リチウム

アジサイは利尿薬のように作用する可能性があり、炭酸リチウムの体内からの排出が抑制される可能性があります。
そのため体内の炭酸リチウム量が増加し、副作用が現れる恐れがあります。

この医薬品とアジサイを併用する場合は慎重な経過観察が必要となります。

 

ほかのハーブ、健康食品・サプリメントとの相互作用に関しては明らかになっていません。

使用量の目安

通常の食品に含まれている量を超えて摂取した場合の安全性及び副作用に関しては明らかになっていません。


Warning: ksort() expects parameter 1 to be array, object given in /home/greenmedic/select-pharmacy.jp/public_html/goods/wp-content/plugins/yet-another-related-posts-plugin/classes/YARPP_Cache.php on line 465
single