MENU
SELECT PHARMACY

老化防止やがん予防、むくみ解消!栄養たっぷり!夏野菜の効果とは?

老化防止やがん予防、むくみ解消!栄養たっぷり!夏野菜の効果とは?

太陽の恵みで栄養たっぷり!旬の夏野菜とは?

昔から旬のものを食べると体にいいと言われています。
旬とは最も味の良い出盛りの時期、果物や野菜が一番成熟している時期でもあり、他の時期と比べ栄養価が高いです。

どんどん暑くなるこれからの季節、夏野菜が旬を迎えます!
夏野菜とは春に種をまいて、暑い時期に収穫する野菜のこと。
代表的なものに、トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、ゴーヤなどがあります。

ビタミンやβカロチン、カリウムなどを含むものが多く、夏バテ予防やからだのクールダウンなど、夏の体に嬉しい野菜です。

色がカラフルなものが多く、料理に使えば食欲がないときでも元気が出ます!

hizashi

アンチエイジングに!健康に!夏野菜の効果とは?

夏の太陽の恵みをたっぷり受けた、栄養価の高い夏野菜。代表的な夏野菜に含まれる栄養と効能をご紹介します。

1)トマト
tomato

夏野菜といえばやっぱりトマト!真っ赤な果肉が食欲をそそります。冷やして食べれば暑い時のおやつがわりにもなりますね。

トマトにはビタミンC、ビタミンE、カリウムなどがバランスよく含まれていますが、注目したいのが「リコピン」という赤い色素です。
リコピンはビタミンEの1000倍の抗酸化力を持っています。体を錆びつかせ生活習慣病や肌トラブルを引き起こす原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

また、メラニンの生成を抑制する働きもあるので、日差しの強いこれからの時期、とても頼もしい野菜です。

リコピンを効果的に摂取するためには、オリーブオイルと同時に摂取するのがオススメ!
リコピンは脂溶性のため、油と一緒に食べることで吸収率がアップします。また加熱することでも吸収率があがります。体を冷やさないためにも可能であれば加熱して食べるのがいいでしょう。

2)キュウリ
kyuri

栄養のない野菜として有名なキュウリ。なんと「世界一栄養がない果実」としてギネスブックにのっているそうです。

しかし目立った栄養はなくても、夏の体には頼もしい効能があります。
キュウリの90%以上は水分なので、食べることで体を中から冷やしてくれ、体にこもった熱を発散させてくれます。水分補給にもなるので、熱中症の対策としても効果的。
ただし、冷やしすぎは体によくありませんので、食べ過ぎには注意が必要です。

また、カリウムを多く含んでおり、むくみの原因になるナトリウムを排出する効果があります。利尿作用もあるので体内の水分量を調整し、むくみを解消してくれます。

栄養価は少ないものの、夏にぴったりの野菜です。

3)ナス
nasu

ナスの皮には「ナスニン」という色素が含まれています。

ナスニンはアントシアニン系ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があります。
ガンの引き金となる活性炭素の働きを制御する働きがあり、ガンを予防する効果があると言われています。

ガン予防以外にも、生活習慣病予防やコレステロール値を下げる効果も期待されています。ナスはぜひ皮付きで食べる習慣を!

アンチエイジング!夏バテ予防!むくみ防止!目的別おすすめ夏野菜

栄養豊富な夏野菜には美容や健康に嬉しい効果がたくさんあります。
目的別のおすすめ夏野菜をご紹介します。
irasuto

体を錆びつかせない!!アンチエイジングなら抗酸化力の高いトマトとナス!
先ほどもご紹介しましたが、トマトにはリコピン、ナスにはナスニンという色素が含まれており、それぞれ抗酸化力の高い成分です。
美肌効果、老化予防に効果的です。

夏バテにはゴーヤ!チャンプルーにしてさらにパワーアップ!
沖縄料理に欠かせないゴーヤ。
ゴーヤには「モモルデシン」という成分が含まれています。実はこれがゴーヤの苦味成分。
モモルデシンは胃液の分泌を促し、胃腸を刺激し食欲を増進させてくれるので、夏バテ予防に効果的です。

おすすめの食べ方はゴーヤチャンプルー。
「畑のお肉」と言われる豆腐には夏バテに有効なビタミンB1、B2が多く含まれています。
また、ゴーヤに含まれる栄養分は油で炒めると吸収率がアップするため、ゴーヤチャンプルーはとても理にかなった食べ方と言えます。

むくみ解消にはカリウム豊富なカボチャ!便秘解消や美肌にも効果あり
カボチャには100gあたり430mgのカリウムが含まれています。これは野菜や果物の中でもトップクラスの量!
カリウムは利尿作用があり、体の中で増えすぎたナトリウム(塩分)を排出する働きがあります。ナトリウムが体内で増えすぎると、体がナトリウム濃度を下げようと水分を溜め込み、むくみにつながります。
カリウムがナトリウムを排出することで、むくみの解消につながります。

またカボチャにはカリウム以外にも豊富な栄養が含まれています。
例えば食物繊維が100gあたり3.5gと豊富に含まれ、便秘解消に効果的。
また抗酸化作用の高いβカロチンを100gに4000μgも含んでいるため、美肌効果も期待できます。

さいごに

natsuyasai2
これから旬を迎える夏野菜。
夏に必要な栄養や効果がたくさんあります。
どんどん暑くなり、気力と体力が奪われがちですが、夏野菜を普段の食事に取り入れて、元気に夏を乗り切りましょう!

single