MENU
SELECT PHARMACY

1日あたりのアルコールの適量はビール中瓶1本!?

1日あたりのアルコールの適量はビール中瓶1本!?

ついつい美味しくて飲み過ぎてしまうアルコール。
年末年始は特にお酒が進んでしまう方も多いのではないでしょうか?

今回は健康に過ごすために弊社の酒飲みたちにも、そして皆さんに知っていてほしいアルコールの適量をご紹介します。

適量だとお酒は「百薬の長」

アルコールには血行を促進したりストレスや緊張を和らげるなどの作用があり適量であればカラダに良いとされています。

しかし、過度な飲酒は肥満や高血圧・心臓病やガンなどの生活習慣を引き起こす恐れや睡眠障害やうつ病を発症・悪化させたり心の健康にも悪影響を及ぼすことがあるため、健康に過ごすためにも「適量」を守りましょう。

1日あたりの適量ってどのくらい?

アルコールの適量

 

1日あたり純アルコール量で20g。女性や高齢者の方はこの半分の10gが適量です。

休肝日は必須

休肝日は大切

 

適量を守っているから毎日飲むのはよくありません。
あなたのなかで頑張っている肝臓を休ませるために、週に2日は連続した休肝日をつくりましょう。
肝臓は回復力の強い臓器です。週に2日休ませれば元気が戻ってきますよ。
定期的な休肝日をつくることで飲酒量を減らすこともできます。

 

お酒が好きだからこそしっかりと「休肝日」をつくり長くお酒が飲めるようにしてきましょう。

 

single