MENU
SELECT PHARMACY

【素材・成分情報】アスパラギン酸(ASPARTICACID)

【素材・成分情報】アスパラギン酸(ASPARTICACID)

成分名

成分名:アスパラギン酸(ASPARTICACID)

 

別名:Acide Aspartique、Acide L-Aspartique、Asp、Aspartates、Aspartatos、Aspartic Acid、D-Asp、D-Aspartic Acid、L-Asp、L-Aspartate、L-Aspartic Acid、Magnesium potassium aspartate、Spartase

概要

アスパラギン酸(ASPARTIC ACID)は、アミノ酸の一種です。アミノ酸は一般的に体内でタンパク質を合成するための構成要素です。
アスパラギン酸はタンパク質の合成ではなく、ほかの作用の中で使用されます。

 

一般的には、疲労の軽減、運動能力の改善、筋肉の肥大・増強に対して用いられます。ただ使用を科学的に裏付ける研究はごくわずかしかありません。

 

有効性・効果効能

アスパラギン酸(ASPARTIC ACID)の体内での主な働き

 

アスパラギン酸(ASPARTIC ACID)は、どのように作用するかについては、十分なデータが得られていません。D-アスパラギン酸は、体内のテストステロンを増加する可能性があります。

 

・筋肉増強、ミネラル濃度上昇、運動能力強化、疲労の軽減など

有効レベル:☆☆☆☆☆☆   (※科学的データが不十分)


アスパラギン酸(ASPARTIC ACID)は、筋肉増強、ミネラル濃度上昇、運動能力強化、疲労の軽減に役立つなどと言われていますが、科学的根拠が不十分です。

安全性

アスパラギン酸(ASPARTIC ACID)は、食べ物の量で摂取する場合は安全です。ただし「くすり」として摂取する場合は安全性はわかりません。

 

 

妊娠中・授乳中の方の使用

妊娠中・母乳授乳期のアスパラギン酸(ASPARTICACID)を「くすり」としての量を摂取するのは、安全性についてのデータが不十分なため避けてください。

薬・サプリメントとの相互作用

 

ほかの医薬品・ハーブや健康食品・サプリメントと相互作用は明らかになっていません。

使用量の目安

標準使用量に関するデータがありません。

single