MENU
SELECT PHARMACY

【素材・成分情報】アスペン(ASPEN)

【素材・成分情報】アスペン(ASPEN)

成分名

成分名:アスペン(ASPEN)

 

別名:アメリカヤマナラシ(American Aspen)、ヨーロッパヤマナラシ(European spen)トレンブリングアスペン、ウラジロハコヤナギ、ホワイトポプラ(Populi cortex、Populi folium、Populus Tremuloides)、ハコヤナギ、ヤマナラシ(Populus tremula)、クエーキングアスペン(Quaking Aspen)、Zitter-pappel

概要

アスペン(ASPEN)は、樹木で「樹木」と「葉」を用いて「くすり」をつくることもあります。
アスペンの別名「Populus」はポビュラス、ハコヤナギをはじめ、ポプラなどと同じヤマナラシ属の木です。これらを総称して「ポプラ」と呼ぶこともあります。

 

アスペンは北半球の温帯気候地域原産の落葉樹で、抗菌性、抗血小板活性が示唆されていますが現在人を対象とした研究は十分に行われていません。
またアスペンは人によってはアレルギー反応を引き起こすことが知られています。

 

有効性・効果効能

アスペン(ASPEN)の体内での主な働き

 

アスペン(ASPEN)は、アスピリンとよく似た化学物質、サリシンが含まれています。このサリシンが炎症(腫脹:しゅちょう)を抑えてくれる可能性があります。

 

・関節リウマチ・前立腺の不快感・腰痛・神経痛・膀胱の障害など

有効レベル:☆☆☆☆☆☆   (※科学的データが不十分)


アスペン(ASPEN)は、関節リウマチ・前立腺の不快感・腰痛・神経痛・膀胱の障害などに役立つと言われていますが、科学的根拠が不十分です。

安全性

アスペン(ASPEN)は、安全性に関するデータが不十分です。アスペンを使用している間は、アルコールを摂取してはいけません。アルコールが胃腸出血のリスクと重篤度を高めるおそれがあります。

 

胃潰瘍・糖尿病・痛憤・肝疾患・腎疾患に関してもアスペンがサリシンを含んでいるため状態を悪化させるおそれがあるため摂取を控えてください。またアスピリンアレルギーの方は、アスペンによりアレルギー反応を起こす可能性があります。

 

妊娠中・授乳中の方の使用

妊娠中・母乳授乳期のアスペン(ASPEN)を摂取するのは、安全性についてのデータが不十分なため避けてください。

薬・サプリメントとの相互作用

【薬】ほかの医薬品との相互作用については明らかになっていません。

 

【アスピリンに似た化学物質(サリチル酸)を含むハーブや健康食品・サプリメント】

併用すると化学物質の作用や副作用を増強させる恐れがります。ポプラやメドウスイート・ウィローバーク・ブラックホウなどを飲んでいる場合は医師等に相談しましょう。

 

【食品】

アルコールは胃腸出血のリスクと重篤のおそれがあるためアスペンを使用している間は摂取しないでください。

使用量の目安

通常の食品に含まれている量を超えて経口摂取した場合の安全性および副作用については明らかになっていません。


Warning: ksort() expects parameter 1 to be array, object given in /home/greenmedic/select-pharmacy.jp/public_html/goods/wp-content/plugins/yet-another-related-posts-plugin/classes/YARPP_Cache.php on line 465
single