MENU
SELECT PHARMACY

実は男性の冷え性も多い!?

実は男性の冷え性も多い!?

女性に多い冷え性。実は男性でも「冷え性」が多いのはご存知ですか?

 

現代では、男性も加齢によって筋肉量の低下、臓器機能の衰えなどにより熱を発することが出来なくなり冷えを感じる方がなんと3割いるそうです。高齢の男性では頻尿の原因になったり、体を温めると肩こりや腰痛などが楽になるような場合は、もしかしたら「冷え性」かもしれません。

冷え性になる理由

 

冷え症とは、血液の流れが悪く毛細血管へ温かい血液が流れず、血管が収縮し、手足などが冷えてしまう状態のことです。
気温とは関係なく体が温まらないので、真夏であっても足の裏が紫色になってしまうなどの冷え症の症状が出てしまいます。

 

冷え性には生活習慣が大きく関わっています。
運動不足による筋力の低下や食生活の乱れ・喫煙・便秘・自立神経の乱れ・ストレスなどによって「冷え症」が起こる可能性があります。

 

今すぐできる冷え対策

生姜

 

■湯船につかる

シャワーではなく、お風呂につかって体を温めるのが冷え性改善に最も良い方法のひとつです。38℃~40℃くらいのぬるめのお湯に入浴しましょう。じんわり汗をかくくらいまで、少し長めにお湯につかると良いでしょう。副交感神経が働いて血管が拡がり、血行が良くなります。リラックスして体の芯から温めましょう。

 

■適度な運動をする

軽いウォーキングや毎日の生活の中で、少し歩く量を増やしたり、仕事や家事の合間に簡単なストレッチをしてみてください。普段の生活で少し体を動かすことを意識しながら生活してみて下さい。

 

■身体をあたためる食べ物をたべる

生姜、ネギ、にんにく、ごぼうなどの根菜類が身体をあたためます。シトルリンを豊富に含むスイカの皮などや胡麻、黒豆、あずきなどの黒い物に身体をあたためる食べ物は多いため意識して取り入れるのがオススメです。

 

■白湯を飲む

朝は一日の中で最も水分が失われているので、白湯を吸収しやすく、体温が最も低いため白湯によって体が温まりやすいです。

 

■指先運動

手をグーパーするのを30回繰り返してみる。指先の血行が良くなると、全身の血行が改善され、肩こりが軽くなり、疲れやだるさが取れ、体温が上がります。足の指をグーパーしてみるのもオススメです。

single