MENU
SELECT PHARMACY

【素材・成分情報】アッシュ(ASH)

【素材・成分情報】アッシュ(ASH)

成分名

成分名:アッシュ(ASH)

 

別名:トネリコ(Common ash)、アメリカトネリコ、アメリカンアッシュ(Fraxinuw americana)、ホワイトアッシュ(White ash)、Bird’s tongue、European ash、Fraxinus ecxelsior、Weeping ash

概要

アッシュはトネリコ属の落葉広葉樹です。樹皮及び薬を用いて「くすり」を作ることがあります。

 

アッシュは米国先住民と初期入植者の時代から用いられてきています。昔から外因性のがんの増殖、そう痒、寄生虫、および発熱の治療に用いられいます。

他にも抗菌薬・利尿薬・催淫薬、および食欲増進薬としても用いられてきました。

 

現代でも痛風性関節炎をはじめとした炎症および疼痛などの多くの疾患に対して利用されています。

 

有効性・効果効能

アッシュ(ASH)の体内での主な働き

 

アッシュ(ASH)は、どのように作用するのか十分なデータがありません。

 

・痛風・発熱・関節炎・膀胱障害・便秘・水分貯留を緩和するための利尿作用など

有効レベル:☆☆☆☆☆☆   (※科学的根拠が不十分です)


アッシュ(ASH)は、痛風・発熱・関節炎・膀胱障害・便秘・水分貯留を緩和するための利尿作用などに良いとされていますが科学的根拠が不十分です。

安全性

安全性・副作用については不明です。

妊娠中・授乳中の方の使用

妊娠中・授乳中の安全性に関するデータが不十分です。安全性を考慮して、摂取を避けてください。

薬・サプリメントとの相互作用

ほかの薬やサプリメントとの相互作用についてはあきらかになっていません。

使用量の目安

標準使用量に関するデータはありません。

single