MENU
SELECT PHARMACY

【素材・成分情報】 アデノシン(ADENOSINE)

【素材・成分情報】 アデノシン(ADENOSINE)

成分名

成分名: アデノシン(ADENOSINE)

 

別名:アデノシリン酸(Adenosine phosphate)、アデノシン一リン酸(Adenosine monophosphate,AMP)、アデノシン5’-一りん酸(Adenosine-5-monophosphate,A5MP)、アデノシン二リン酸(Adenosine diphosphate,ADP)、アデノシン三リン酸(Adenosine triphosphate,ATP)、Adenine nucleoside、Adenine riboside

概要

アデノシルは、人間の細胞に存在する化合物です。リン酸塩と結合してアデノシン一リン酸、及びアデノシン三リン酸など様々な化学化合物を合成します。

 

有効性・効果効能

アデノシン(ADENOSINE)の体内での主な働き

 

アデノシン(ADENOSINE)は、不整脈の原因となる心臓の異常な伝道経路を抑制します。アデノシン三リン酸は、進行性がん患者の体重減の原因となるエネルギー代謝の変化を防ぐ可能性があります。

 

・一部の不整脈の治療(医薬品による静注薬として)

有効レベル:★★★★★★  (※効果があります)


アデノシン(ADENOSINE)は、一部の不整脈の治療(医薬品による静注薬として)として効果があります。

 

・進行がんによる体重低下の治療

有効レベル:★★★☆☆☆   (※効くとは断言できませんが、効果の可能性が科学的根拠が示されています)


アデノシン三リン酸の静脈内投与は非小細胞肺がんおよび他の腫瘍患者において食欲・食事量および生活の質を改善するようです。

 

・血行不良による通常は下肢の創傷(静脈うっ血腫瘍)

有効レベル:★★★☆☆☆   (※効くとは断言できませんが、効果の可能性が科学的根拠が示されています)


アデノシン一リン酸の筋肉ない投与は静脈うっ血腫瘍による体液貯留、そう痒、膨張、および発赤を緩和する可能性があると言われています。

安全性

資格を持つ医師などが行う注射ならほとんどの人に安全です。多量に投与すると呼吸器系障害及び胸痛が生じるおそれがあります。また。頭痛や動機、低血圧、悪心、発熱などがおこるおそれもあります。

妊娠中・授乳中の方の使用

妊娠中・授乳中は使用してはいけません。

薬・サプリメントとの相互作用

【薬】カルバマゼピン、メチルキサンチン類、シピリダモール、痛風治療薬を投与している場合は注意が必要です。

【カフェイン】カフェインはアデノシンの働きを阻害することがあります。投与する場合は投与24時間前以上カフェインは取らないようにしましょう。

使用量の目安

お医者さまから処方された内容に従いましょう!

single