MENU
SELECT PHARMACY

【素材・成分情報】 アナキクルス(PELLITORY)

【素材・成分情報】 アナキクルス(PELLITORY)

成分名

成分名: アナキクルス(PELLITORY)

 

別名:岩コマギク、イワコマギク(Anacyclus pyrethrum)、Akarakarabha

概要

アナキクルスは北アフリカや地中海地域が原産のキク科アナキクルス属の宿根草です。根を用いて「くすり」を作ることがあります。

有効性・効果効能

アナキクルス(PELLITORY)の体内での主な働き

 

アナキクルス(PELLITORY)は、神経細胞体から伸びた軸索の末端部分であり、 他の神経細胞(ニューロン)とシナプスを介して結合し、神経伝達物質を放出して情報を伝える神経終末を刺激します。

 

・関節症・消化の改善・歯痛・殺虫効果など

有効レベル:☆☆☆☆☆☆   (※科学的データが不十分です。)


アナキクルス(PELLITORY)は、関節症・消化の改善・歯痛・殺虫効果などに役に立つと言われていますが科学的データが不十分です。

 

安全性

安全性については不明です。人によっては使いすぎで皮膚に発赤と炎症が起こる恐れがあります。

またキク科の植物にアレルギーがある場合は、アレルギーを引き起こす可能性もあります。このような植物には他にもブタクサやキク、マリーゴールドなどもあります。

妊娠中・授乳中の方の使用

妊娠中・授乳中の安全性に関するデータが不十分です。妊娠中・授乳中の摂取は避けてください。

薬・サプリメントとの相互作用

他の医薬品やハーブ・健康食品・サプリメントとの相互作用については明らかになっていません。

使用量の目安

使用量に関するデータがありません。

single