MENU
SELECT PHARMACY

インデペンデンスデイ続編公開!人類滅亡は起こりうる?もしもの時の心構えとは!

インデペンデンスデイ続編公開!人類滅亡は起こりうる?もしもの時の心構えとは!

もしも平和な日々が突然終わるとしたら・・・

みなさんこんにちは。
みなさんは映画「インデペンデンスデイ」をご覧になったことはありますか?
「インデペンデンスデイ」では、エイリアンが地球資源を奪うために地球を侵略。ワシントンDCやニューヨークなど世界各国を攻撃し、多くの人々の命が失われました。
7/9から公開される「インデペンデンスリサージェンス」は、「インデペンデンスデイ」の続編。今回はよりパワーアップしたエイリアンが地球に攻めてくるお話になっているようです・・・

これらはもちろん架空のお話で、エイリアンが地球を侵略しにくるのはなかなか現実味がありません。ですが、新型殺人ウィルスや隕石衝突など、地球や人類が危機に瀕する可能性は大いにあります。
もしそんな危機的な状況になったとしても、どうするべきかなんて想像がつきませんよね・・・

そこで今回は、もし人類滅亡の危機に瀕した場合の心構えを、映画を参考にしながらご紹介します!

映画から学ぶ人類滅亡への「心構え」

「インデペンデンスデイ」
MV5BMzExOWQ0ZTItNWIyMS00ZGFkLWFlMmQtZmQyYjY0OTdjMTEzXkEyXkFqcGdeQXVyNTAyNDQ2NjI@._V1_SX1777_CR0,0,1777,999_AL_
(出典:http://www.imdb.com/title/tt0116629/mediaviewer/rm420879104)

もしもエイリアンが攻めて来たら・・・

「インデペンデンスデイ」は今から20年前のSFアクション作品です。
エイリアンが地球資源を奪うために人類を根絶しようと攻撃を仕掛けてきます。そこでアメリカ合衆国大統領をはじめとした人類が、生き残りをかけて総攻撃を仕掛けるというストーリー。明らかに技術や戦力が不足しているにも関わらず、あきらめずに攻撃方法を模索し、最終的に見事エイリアンに勝利し地球は救われました。

「インデペンデンスデイ」から学ぶ人類滅亡への心構え
1、 あきらめない心
→相手が自分よりも優位だったとしても、勝つ方法を模索する!

2、 チームワークを大切にする。
→たとえ一人では勝てなくても、多数の力を合わせればかなわないものはない!

もしも地球に隕石が衝突するとしたら・・・

「アルマゲドン」
6arsp
(出典:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/1787/update/up2/6arsp.jpg)

隕石が衝突する映画と言えばこの映画を想像する方も多いのではないでしょうか?
地球に隕石が衝突することが発覚。宇宙船で隕石に向かい、核爆弾で破壊するミッションを遂行しようと試みる15人の男たちのお話です。
ストーリー終盤、ブルースウィリス演じる主人公が自身もろとも隕石を爆破。地球を救うシーンは多くの人の心に残る名作だと言われています。

「アルマゲドン」から学ぶ心構え
1、未来へバトンをつなぐ!
→主人公は、娘の婚約者に娘を託して自爆することを選び、地球を救いました。自分の為に行動するのではなく、誰かの未来のために行動することが大切だということを感じます。

「エンドオブザワールド」
MV5BMTk4MDQ1NzE3N15BMl5BanBnXkFtZTcwMjA0MDkzNw@@._V1_
(出典:http://www.imdb.com/title/tt1307068/mediaviewer/rm3657938688)

「アルマゲドン」では地球は救われましたが、「エンドオブザワールド」では地球が隕石によって消滅してしまうことは確定していて、地球消滅でストーリーが終わります。

この作品は地球消滅確定後、妻に逃げられた主人公が本当の愛を探しに行くお話です。
主人公は地球が消滅してしまうことをきっかけに、それまで面識がなかった隣人女性と愛をはぐくみます。そして逃避や自暴自棄に陥るのではなく、2人で手を握りながらベッドで向かい合いながら地球消滅を迎えます。すごくロマンチックでほっこりする映画です。

「エンドオブザワールド」から学ぶ心構え
1、 人は追い詰められてこそ大事なものが分かる。
→主人公の奥さんは地球が消滅すると分かった途端に主人公の元から逃げ出しました。時間が限られていると分かったとき、人は自分にとって何が大切なのかを改めて考えるのかもしれません。

2、 すべてを受け入れる
→じたばたしてもしょうがない!悲観するのではなく、目の前にある大切なものの為に時間を使う。主人公にとってそれは逃げた奥さんではなく、ずっと隣に住んでいたのに気づかなかったヒロインだったんですね。

もしも核戦争になってしまったら・・・

「猿の惑星」(1968年版)
original
(出典:http://eiga.com/movie/13301/photo/)

宇宙航行中、宇宙船のトラブルによりとある惑星に不時着した宇宙飛行士3名。
そこは猿が人間を支配する驚くべき生態系だった!というお話。
the-honpen-of-apes
(出典:http://mijinco.blog.shinobi.jp/Entry/3458/)

ただ、じつはその惑星は何百年も未来の地球であり、人類は核戦争を行ったことによりほぼ死滅。
人類に代わり猿が生態系の頂点に立っていたという衝撃の結末でした。

「猿の惑星」から学ぶ心構え
1、 人は過ちを犯す
→人は時として自分の利益のために過ちを犯します。自分自身の行動がどんな結果につながるか、責任感を持って行動するべきだというメッセージを感じました。

2、 共存の道を模索する
→この猿の惑星シリーズは全部で5作。核戦争や闘争などを経て、最後の作品で人類と猿たちはついに共存を果たします。未来に向けた建設的な提案こそが希望を作るのかもしれませんね。

心構えだけじゃなく、体も鍛えよう!

これまでご紹介したのは映画の中の話ですが、実際に世界では多くの人が亡くなるほど大規模な危機がありました。それは病原菌などの大流行です。
ed50c1d760b21c8f5297bd1ff548044b_m

例えばペストの大流行は過去にたびたび確認されています。

ペストは感染した人の60パーセントが死に至るとされる非常に致死度が高い病原菌で、症状によっては全身が真っ黒のあざだらけになり死に至ることから「黒死病」とも呼ばれていました。

ヨーロッパでは540年ごろに東ローマ帝国でペストが大流行し、アジアなどにも広がり60年以上流行が続いたとされています。農業が停滞し飢饉も起こしてしまうほどに深刻だったようです。
1400年ごろにはヨーロッパや中国でもペストが再び大流行し、8000万人以上が亡くなったとされています。

どちらも原因として、衛生環境の悪さ、人やモノが大規模に移動する際にダニやネズミなどの菌を運ぶ動物も一緒に移動してしまったことがあげられています。現在では衛生状態の改善などからペスト感染は終息したとされています。日本では1930年代以降、感染は確認されていません。

現代はどんな国でもすぐに行ける程便利になりました。ただその反面、万が一新型のウィルスや病原菌が流行した場合、以前にも増して爆発的に広がってしまうとされています。
もしそうなってしまった場合、ワクチンや特効薬が開発されるのを待つだけでは不安ですよね?
万が一ウィルス感染が広がってしまった場合に備えて、自分自身の免疫力を高めてみるのもいいかもしれません。

免疫力を上げるポイント!

1、 健康的な食生活を送る
2、 良質な睡眠をとる
3、 上手にストレスをコントロールする

※ちなみに、免疫力を高めるコツに関しては以前記事でご紹介したので是非そちらをご覧ください!

何もせずに治療法を待つだけでなく、自分自身の免疫力を高めることで少しは心に余裕が出るかもしれませんね!

まとめ

MV5BMTY3NDQzNzczOV5BMl5BanBnXkFtZTcwMzMyNDY2Nw@@._V1_
(出典:http://www.imdb.com/title/tt1307068/mediaviewer/rm3657938688)

では最後に、押さえておきたい人類滅亡への心構えのポイントをおさらいします!
1、 あきらめない!
→未来や可能性を捨てずに、立ち向かうことが大事!
2、 心だけじゃなく、体も鍛える!
→健康的な生活を送り、免疫機能を高める。
3、 それでもダメな時は受け入れる勇気も必要。
→もうどうしようもない。そんな時でも笑顔でいることができるのは、愛する誰かといれるからなのかもしれません。

もしも人類が滅亡してしまうと分かったとき、あなたはどんな心構えで向き合おうと思いましたか?
たとえ人類が滅亡しなくても、人が生きられる時間は限られています。
人類がいつ滅亡するか関係なく、今日を精一杯生きる。毎日を有意義に過ごす。
そんな心がけからはじめてみてはいかがでしょうか?

single