MENU
SELECT PHARMACY

くすりのプロのおすみつき

本当に信頼できる正しい情報と商品を厳選してお伝えし、
健康と向き合える環境を作るお手伝いをしたい。

SELECT PHARMACYについてもっと見る
    トップページ > interviews > “日常にオーガニックを” 香りや汚れ落ち。機能性にもこだわったオーガニック洗剤sonnet (株式会社おもちゃ箱 井上 美里さん)

“日常にオーガニックを” 香りや汚れ落ち。機能性にもこだわったオーガニック洗剤sonnet (株式会社おもちゃ箱 井上 美里さん)

“日常にオーガニックを” 香りや汚れ落ち。機能性にもこだわったオーガニック洗剤sonnet (株式会社おもちゃ箱 井上 美里さん)

“日常にオーガニックを” というテーマでお送りしている当シリーズ。

前回のインタビューでは、オーガニック全般についてお伺いしました。今回は個別のオーガニック製品にフォーカスし、成分や効能、ライフスタイルを豊かにする工夫に迫ります。

 

前回同様、オーガニック製品を扱われている株式会社おもちゃ箱の井上美里さんにお時間をいただき、オーガニック洗剤を試してみたいけど、汚れはちゃんと落ちるの?香りはどうなんだろう?どんな効能があるの?そんな疑問にお答え頂きました。

 

いくら環境に優しくても、汚れが落ちなくては意味が無い。

 

インタビュワー(以下、イン):前回のインタビューでは、オーガニック製品を生活に取り入れるコツは、自然に前向きに使えるものを選ぶこと。というお話をしていただきました。

 

井上さん:そうですね。まずその製品にどんな成分が含まれているのかを知って、試していただくことが大切です。そして何より大切なのが、楽しく使い続けられそうかどうか。使うのが億劫だったり、大変だったりしては元も子もありません。

 

例えば洗剤ですと、いくらオーガニックで、いくら環境に優しいといっても、汚れが落ちなくてはあまり実用的ではないですよね。「汚れはなかなか落ちにくいけど、環境にいいから使っています」という訳にはいかないので。

 

当社や、セレクトファーマシーさんで扱っているsonnetという洗剤は、環境や身体への配慮はもちろん、汚れがしっかり落ちることや、いい香りがすることへのこだわりも強いので、現在使われている一般の洗剤からも不自由なく乗り換えていただけると思います。

 

こんな風に、オーガニック製品を選ぶ際には、機能面もしっかり見ていただくことが大切かと思います。

 

植物由来の界面活性剤と石油由来の界面活性剤

 

イン:オーガニック洗剤と一般の洗剤とを比べると、汚れの落ち具合に差はあるのでしょうか?
井上さん:これは製品によって違ってくるのですが、例えばオーガニック製剤やエコ洗剤と言われているものの多くは、石鹸の成分を持っています。

 

対して一般の洗剤では、「界面活性剤」と呼ばれる化学的に合成された石油由来の洗浄成分を持っていて、これで素早く汚れを落としています。なので、普通の石鹸と石油由来の合成洗剤を比べると、やっぱり合成洗剤の方が汚れは落ちやすいです。

 

この汚れ落ちは、いろいろな犠牲を払って得られているものとも言えるんですが、どうしても石鹸は石鹸カスと呼ばれるものが繊維の間に残ってしまうこともありますし…。ちなみにこの石鹸カスは、衣類の「ごわごわ感」を引き起こしてしまう原因になるんです。
一方で先ほどお話に上がったsonnetは、石鹸成分に加えて、独自に開発した「植物由来の界面活性剤」を洗浄成分として採用しています。石油由来の原材料を一切取り入れていないため身体にも優しく、石鹸成分だけの洗剤よりも汚れが落ちて石鹸カスも残りにくいので、そういう部分でのストレスをなくしている製品といえますね。

 

一概にオーガニック洗剤だから汚れが落ちない、ということはないので、しっかりと選んでいただくといいかと思います。

着ている服が肌に与える影響の大きさ

 

イン:アレルギーに関して考えると、やはり合成洗剤の方が身体への悪影響は大きいのですか?

井上さん:アレルギーに関しては、合成洗剤そのものが悪いわけではないんです。

合成洗剤で使われる酵素や界面活性剤は、工業用や遺伝子組み換えされた石油から作られていることが多く、こういった石油は汚れを落とすのと同時に、人間のタンパク質まで分解してしまいます。

 

interview_06

 

服はもちろん肌に触れますし、肌とこすれることもありますよね。洗い上がった服には、どうしても洗剤の成分が残ってしまうので、結果として「汚れではない、人の皮膚のタンパク質」を分解してしまうんです。
服やタオルは毎日身体に触れるものなので、この環境が長期間続くとどんどん皮膚が薄くなってしまいます。例えば赤ちゃんは皮膚が本当に薄いので影響もとても大きいですし、こういう環境が続くと皮膚へのダメージが蓄積して、大人になってから急にアレルギーやアトピーなどの皮膚疾患が出てしまうこともあるようです。

 

使う「人」にフォーカスした商品作り

 

イン:使う人がしっかりと知識をつけて、選ぶ際にも長期的な視点を持った方が良さそうですね。他にもsonnetの洗剤が取り入れている工夫や、効能ってあるんでしょうか?

 

井上さん:sonnetは汚れの落ち具合だけでなく、「香り」にもこだわりの強いブランドかと思います。

 

香り成分に関しても化学的に合成されたものは全く使っておらず、例えば、洗濯用のナチュラルウォッシュリキッドでは、有機栽培ラベンダーから抽出したエッセンシャルオイルを香り成分として採用しています。
エッセンシャルオイル由来の香りのおかげで、洗濯や洗い物というハードな家事の中でも、リラックス効果が期待できます。そして、この香りは太陽の熱で蒸発するので、自然な洗い上がりも実現できます。

interview_07

こんな風に、オーガニック製品を選ぶ際には、「使う人のこと」を考えて機能面もしっかり見ていただくことが大切かと思います。

sonnetでは洗濯用だけではなくハンドソープや食器用洗剤など、様々な「洗うこと」をオーガニックで実現しています。

 

一般の食器用洗剤では、食器の油汚れを手早く落とせるように強めに入っている洗浄成分が、手の油まで落としてしまうので、どうしても手荒れをしてしまいがちです。sonnetではこういったことにもなりにくいですし、香りも全てエッセンシャルなので、すごく優しい香りに包まれながら、家事をしていただけます。

 

食器に洗剤の匂いが残ってしまって、気持ちが悪い経験をされた経験をお持ちの方は少なく無いと思いますが、匂い残りもほどんどないので、安心して使っていただけます。

 

生活に取り入れやすいところから、少しずつ始めていただくのがおすすめです。

 

..to be continued

 

 

次回は、最近大きく取り上げられている貴重なハチミツ、マヌカハニーに関してお伺いします。井上さん、次回も宜しくお願いします。

 

井上 美里さん 株式会社おもちゃ箱 企画営業グループ オーガニックライフチーム
「オーガニックを、ベーシックに」大切な子どもたちが子供らしく、人間が人間らしく無理なく生きていく。自然を感じ自然に逆らわず、ありのままに成長し、生活していく。そんなオーガニックなライフスタイルを全国に広げている。

 

interview_08

single-interview